みがまえるよりはやく

にしのAによる日々のつれづれ

作者は?
札幌に住む、しぶいアラサーにしのA(にしこ)です。
家族は教員の夫、にしのF(にしお)とにち太(長男)の3人です。

このブログは
情報処理技術者試験大好きブログ「あいぱすくえすと」の作者である。
にしのAによる。女子アイドル(ゆいはん、きたりえ)
パソコン(プログラミング DTM)ゲーム(信長の野望・三国志・艦これ・アズレン)
将棋が大好き(アマ3段、山崎先生推し)な、ちょっと変わった社会人女子がお送りする。
つれづれなるブログです。

「あいぱすくえすと」もよろしく!
こちらになります。http://www.nsnq.tech
※「みがまえる」は不定期更新です。「あいぱす」は日々更新中です。ぜひ。


生ける夫を走らす

臨月。

お腹の子どもをあまり大きくせず、かつ長期間お
腹にいさせなければならない、という状況(お母
さんがたは、これで私の状況が分かるだろうか)
だったので。

今月に関しては「検診からの入院は十分にありえ
るから、検診のときは入院の準備も一緒にしてく
るように。」とのお達し。

いよいよ。でも、無事にここまでこれてよかった。

表のブログは、かなりストックを貯めている。後
のことは夫に託した。

そう。

出産は命がけである。女性が一番死に近づく瞬間
である。この気持ちは変わらない。

なぜか、恐怖はないけど。

ストック書きがほぼ、終わったとき。感情が高ぶ
ってしまい夫に。
「子供とあなたを天国から見守っているから」
「再婚してもいいよ」
とか、可愛いことをいってしまった。赤面だ。

そして、

「死は49日すぎて公表せよ。葬儀は不要じゃ。」

なとど、孔明のような。信玄のようなことを口走
りそこで蹴られた。はっ!私はいま何を!

まあ、無事に生まれても眠れない日々が続くから
しばらくは夫にお願いするのだがね。

そいではみなさん、次回はいつになるか本当にわ
かりませぬ。(とかいって、またすぐ書くかも)

できれば元気にお会いしたいものじゃ。