みがまえるよりはやく

にしのAによる日々のつれづれ

作者は?
札幌に住む、しぶいアラサーにしのA(にしこ)です。
家族は教員の夫、にしのF(にしお)とにち太(長男)の3人です。

このブログは
情報処理技術者試験大好きブログ「あいぱすくえすと」の作者である。
にしのAによる。女子アイドル(ゆいはん、きたりえ)
パソコン(プログラミング DTM)ゲーム(信長の野望・三国志・艦これ・アズレン)
将棋が大好き(アマ3段、山崎先生推し)な、ちょっと変わった社会人女子がお送りする。
つれづれなるブログです。

「あいぱすくえすと」もよろしく!
こちらになります。http://www.nsnq.tech
※「みがまえる」は不定期更新です。「あいぱす」は日々更新中です。ぜひ。


神より賜えし孤独やトラブル

なんか、結婚の面白いエピソードはないのか。書いてほしいとのリクエ
ストがあったので、探してみたんだが。

「結婚にあたり、夫とケンカしたこと」しか思いつかないから書く。

1 ドレスの試着を2着しかしなかったこと。
お色直し「なし」だし、これというコダワリがないので。比較的生地が
新しそうな「その飾ってるやつでいいや」みたいな決め方をしたら。

「一生に何度も着れない、女子のあこがれに対してお前はっ・・・」

みたいに怒られた。顔がカイジみたいだった。


2 引き出物をAmazonで発注しようとしたこと。

だって、いわゆる式場のリストは高いんだもん。

「宅配業者の迷惑を考えろ。あと、自宅からどう持っていくのだ。」

みたいに怒られた。顔がトネガワみたいだった。


3 本籍地を変なところに設定しようとしたこと
婚姻届。本籍地はどこに設定してもよいらしいので。
「ザギン一丁目」
って鉛筆で下書きしたら、罵倒された。夫の親の本籍にしたけど。

顔がアカギ、闇に降り立った天才だった。


4 保証人を誰にも頼めなかったこと。
保証人を、成人した人であれば誰でもいいので。ひとり1名探すこと。
っていうことにした。夫は恩師に頼んだみたいだが、私は友人が少な
いので恥ずかしくて放置しておいたら。夫にキレられた。

結局、父に頼んだ。


5 式場の係の人にイタズラしたこと。
兄嫁が打ち合わせについてきてくれた。で、打ち合わせが始まると明
らかに兄嫁が「今度結婚するお嬢様」の扱いだったの
で、面白いからそのまま話を勧めていたら夫登場。

兄嫁「ねえ、あなた。こんなふうに決めたんだけど。」
夫 「・・・あのさ・・・」

・・・本当にノリの悪い人だこと。

「式場の係の人に恥をかかせるんじゃないよっ!このバカチンがっ!」

って逆ギレしたら夫に延髄斬り40連発された。


桑田佳祐 - 明日晴れるかな

写真?うん。ちょっと載せるけどすぐ消すぞ。

 

f:id:koharuwest:20170103223105p:plain