みがまえるよりはやく

にしのAによる日々のつれづれ

作者は?
札幌に住む、しぶいアラサーにしのA(にしこ)です。
家族は教員の夫、にしのFとにち太(長男)の3人です。

このブログは
にしのAによる。女子アイドル(ゆいはん、きたりえ)
パソコン(プログラミング DTM)ゲーム(信長の野望・三国志・艦これ・アズレン)
将棋が大好き(アマ3段、山崎先生推し)な、ちょっと変わった社会人女子がお送りする。
育児とつれづれなるブログです。

「にしのくえすと2」もよろしく!
こちらになります。http://www.nsnq.tech
※「みがまえる」は不定期更新です。「にしの」は隔日更新中です。ぜひ。


私の中のおすぎとピーコ

この世界の片隅に、素晴らしい映画だった。

全「にしの」が泣いた。私の中のおすぎとピーコが暴れてる。

前前前世よりもシンゴジよりもよかった。今年の中ではヒット
だったなあ。(ポケモン映画もよかったけどな。)

感想を書こうと何度も試みるし、友達にも話したくなるのだが。
難しい。どう表現するべきか、難しい。

「お米の美味しさを自分の言葉で語って」に、なんか似てる。
たぶん、普遍的な言葉は当てはまっても。自分の言葉で語ると
理解してもらえるか不安である。

この映画、受け取り手によって感動は違うだろうし、押し付け
がましいテーマがあるわけではないので。

この映画の良さを語るというのは、自分の人生の話をしなけれ
ばならんのかなあ・・・くらいのね。感じだね。

新しいMacBookProが欲しいとか。skylakeのマシンに組換えた
いとか。天彦名人とのタイトル戦体験がうらやしいとか。会社
のビンゴの商品の函館一泊が欲しいとか。

本当にちっぽけだぜ。私。この映画を見て本当の幸せとはなん
だろう、って考えたな。

そうそう。こないだデートって書いた。
コメント欄、鋭いね。

詳しくは書かない。そんな・・・ちっぽけなこと・・・。

 


恋したっていいじゃない / 渡辺美里