みがまえるよりはやく

にしのAによる日々のつれづれ

作者は?
札幌に住む、しぶいアラサーにしのA(にしこ)です。
家族は教員の夫、にしのF(にしお)とにち太(長男)の3人です。

このブログは
情報処理技術者試験大好きブログ「あいぱすくえすと」の作者である。
にしのAによる。女子アイドル(ゆいはん、きたりえ)
パソコン(プログラミング DTM)ゲーム(信長の野望・三国志・艦これ・アズレン)
将棋が大好き(アマ3段、山崎先生推し)な、ちょっと変わった社会人女子がお送りする。
つれづれなるブログです。

「あいぱすくえすと」もよろしく!
こちらになります。http://www.nsnq.tech
※「みがまえる」は不定期更新です。「あいぱす」は日々更新中です。ぜひ。


そしてまた歌い出す

今日はちょっとネガティブ(?)なブログになります。

私の昔の話で、あんまり楽しい話じゃないかもなので、読
みたくない人は読まないでください。

私はあんまり、ネガを振りまくのは好きじゃないんです。
そういう他人のブログ読むと、ダークサイドフォースに引
き込まれるような気がするからね。

本人はいたって、ネガなつもりではないんだけどね。
いちおう。お願いします。

 

 

 

 

このお話は、わりと私のリアルをご存知な方には有名な話だ。
ただ、噂が独り歩きしまくってるので。本当のところを書いて
おこう。

数年前なんだけど。私は一度、結婚しようとしたことがある。

で、友人たちにはそのことを伝えていたし、上司にも報告済み
だった。同僚も多くは知ってたと思う。だから、隠してたわけ
でもないんだけどさ。

で、その後。直後に破談になったんであります。

その経緯については。

「ロード」みたいな「会いたい」みたいな「木蘭の涙」みたい
な(すいません、おっさんくさくて。兄たちの影響です。)そ
ういう話ではなくて。

主な理由は。相手の親族が、ちょっと大変ってことです。

あの、某宗教団体のですね。熱心な人たちでして。

まあ、それは勝手にやってればいいと思ったんです。彼も別に
それは気にしなくていいよ、みたいな感じだったんで。

ところが、いざってことになると入信しろだの(笑 こっちの
親族にまで入信のお誘いに来るし(笑 職場にも来るし。もう
ね、なんなんだろうと。

それでね、彼も私をそこから守ってくれるとかさ。連れ去って
逃げてくれるとかさ(笑 すればよかったんだけど、ヘナチョ
コで、自分の意見も二転三転するし、責任のがれするし、最後
には暴力に訴えるし。ああ、こいつ見た目や正確は悪くはない
んだけど、ここぞってとこで逃げるんだなあ・・・ってなりま
して。愛想がつきましたよ。はい。

で、親族会議&熟慮の末ですね。弁護士の先生にも参加いただ
いて、若干の慰謝料を頂いて破談となったわけですよ。

とにかくですね、結婚というのは本人たちのものだけではなく
て。親族と親族のものだと、実感したわけですよ。

まあ、私にも「見る目」と「覚悟」がなかったといえば。そう
なのかもしれないけどね。

それ以降、私は男性に対して「不信感」を持つにいたり。恋愛
しようにも相手の背景ばかりに気を取られ、現在に至ります。

いろいろあったにせよ、彼も良い奴だったんで。引きずる部分
もあったし。うん。

なぜ、このタイミングでこれを書こうと思ったかというと、気
持ちの部分で整理がついたのと。まあ、私も自分の人生をちゃ
んと生きていこうと、決めたからなのね。

ああん、心配しないでね。

私は悩みとか辛いことは溜め込んで話さない人なので、話せる
ということは自分の中で解決した時なんですよ。だから、大丈
夫です。

すいません、今日は。明日からいつもの明るいブログに、戻り
ますんで(笑 ごめんね。

今後ともよろしくおねがいします。にしのでした。


そしてまた歌い出す / RHYMESTER