みがまえるよりはやく

変な社会人の日常系ブログ

にしのがあらわれた!
作者は西野歩(にしのあゆみ)と行成(ゆきなり)です。

このブログは
・IT資格・女子アイドル・ゲーム・将棋が大好きな変な?社会人がお送りする。
 つれづれなる日常系ブログです。

「みがまえるよりはやく」が「日記」に
資格試験系の真面目なお話は別のブログを立ち上げてやることに
なりました。http://www.nsnq.tech「にしのくえすと」です。
こちらは、のほほんと不定期更新になります。今後とも、両方とも。
ご覧いただければ幸いでございます。


ITパスポート攻略

まあ、私が書かなくてもみんな言ってますがぁ。わた

くしがおもいます、ITパスポートで合格を目指すため

の勉強ポイント「ベスト3」は

 

1.マネジメント

範囲が狭い。変化球少ない。計算問題少ない。ってい

う、確実に取りたいところ。特に過去問は完璧にした

いねぇ~!

 

2.ストラテジ

範囲は広いので大変だけどマネジメント同様、変化球

少ないし、計算問題もちょっとだ。勉強すれば勉強す

るほど、覚えれば覚えるほどメキメキ成績が上がるの

がこのへん。

 

3.ネットワーク・セキュリティ(テクノロジ分野)

テクノロジ分野でも必須で登場する。問題数も割りと

多く出題されることが見込まれるので、しっかりやり

たいんですけど、変化球が厳しいんですよね。

いわゆる、ボール球は見逃して。良い球だけ振ってい

こう!みたいな考え方かな。

 

全体的には中間問題を除く84問で60を取ってしま

う!で、いいんじゃないかと思います。

 

とにかくストラテジはひねりのない問題が多く、覚え

れば覚えるほど得点は上昇します。

 

が、社会経験のない学生さんにとってはとっつきにく

く、シチュエーションがなかなか想起できないかもし

れません。

 

たとえば、RFIとかRFP

 

ベンダー選定の経験なんてそうそうないわけですから、

それがなんなのか、よくわからないですよね。

 

「お前彼氏とかいんの?」って彼女候補数人に聞く。

その返事を彼女候補たちに「RFI(情報提供依頼書)」

つう文書にして提出してもらう。

(口約束にすると嘘だったりするから)

 

その中で「彼氏いない」条件に適合する彼女候補に自

分が彼女になったらどんなメリットが有るかを提出し

てもらう。これが「RFP(提案依頼書)」。

 

そんで、それを元に「彼女の選定」を行う。

 

この置換えは人としてどうかと思うし(笑)アレです

けど。(そもそも、彼女候補誰一人いなくなりますな。)

 

こうするとわかりやすくなりません?

 

イメージしにくいものは身近なものに置き換え。そし

て、それが何になるのかを体系的に理解するとストラ

テジは強くなれます!得意分野になると思います!頑

張ってください。

 

PPMとか、SFAとか、BPRとか。

 

3文字もの、を覚えるのが苦手だっていうのはわかり

ます。

 

でもそれは、丸暗記しようとしてるからでして。シチ

ュエーションというか、イメージで関連付けるといろ

いろ、覚えやすくなります。

 

たとえば。

 

とあるまちなかのコンビニ。

 

バーコードリーダで、おにぎりについてるJANコード

(4桁は申請、4桁は自由につけていい)を、ピッ!と

やる店員。その瞬間、おにぎりが売れた情報はPOSに

記録され、本部のデータベースに。

 

売れ行きはリアルタイムに管理され、まちなかのコンビ

ニに売り切れそうになってるおにぎりが配達される。こ

ういうのをSCM(サプライチェーンマネジメント)って

いう。

 

とすると、なんということでしょう。4語は確実に頭の

なかにはいっちゃうんですね。

 

ポイントはこういうストーリーを自分で考えることです。

ぜひ、お試しを。

「みがまえるよりはやく」 Presented by にしの