みがまえるよりはやく

にしのAによる日々のつれづれ

作者は?
札幌に住む、しぶいアラサーにしのA(にしこ)です。
家族は教員の夫、にしのF(にしお)とにち太(長男)の3人です。

このブログは
情報処理技術者試験大好きブログ「あいぱすくえすと」の作者である。
にしのAによる。女子アイドル(ゆいはん、きたりえ)
パソコン(プログラミング DTM)ゲーム(信長の野望・三国志・艦これ・アズレン)
将棋が大好き(アマ3段、山崎先生推し)な、ちょっと変わった社会人女子がお送りする。
つれづれなるブログです。

「あいぱすくえすと」もよろしく!
こちらになります。http://www.nsnq.tech
※「みがまえる」は不定期更新です。「あいぱす」は日々更新中です。ぜひ。


資格の価値と才能

資格学校で働いたりすると。

 

「その資格をとって何になるのか。」

「その資格に価値はあるのか。」

 

なんていう話に必ずなるんですけど。(資格学校の生徒

さんからですよ!驚きです!じゃあなぜ来たんだ!もっ

と前に考えてこいよ!)

 

資格の価値なんていうものはあくまで主観的なもので、

役に立つ人にはたつし、立たない人には立たないもので。

 

たまに、基本情報技術者日商簿記2級を比較するなん

ていう意味のないことをする人もいますし。どっちが上

だ!みたいな。

 

バニラアイスとウオーキングシューズを比較するくらい

無理ゲーなのにね。どっちがいいんだ!みたいな。歩く

人はそりゃ後者だろうし、甘物好きは前者だろうが。

 

あと。

 

「XXXなんていう資格はクソだ、なんの価値もない。」

 

なーんていうバカはその資格は持ってない

(合格できない)

んで、あんまり相手にしないほうがいいと思うよ。

 

私の尊敬する高校時代のS先生によると、

資格の価値=

それ相応の技能がある証明

 +それを取得するために努力ができる証明。

 

これを聞いた時は、ぽかーんでしたが。

いまになって、じんわり「いいなあ」って思えるのです。

資格の価値はそれでイイんじゃないかと思います。

 

 

頭がいいとか学歴が高いとか。

 

情報処理技術者試験に関して言えば、たぶん関係ないと

思います。

 

才能?・・関係あるかもしれませんが・・・どちらかと

いうと、置かれている環境なのではと思います。

 

ITパスポートだって、毎日ニコ動見てる「パソコン好

き」と、毎日仕事でエクセルを使っている「パソコン好

き」では、後者のほうが、ちょっとだけ有利かなあ。

 

パソコンを使って何か生産する場面が多い人ほど、情報

処理技術者試験への対応はしやすいと思います。なんと

なくですけど。

 

もちろん、業界でお仕事をされている方はそれだけで「

普段が勉強」になりますよね。