みがまえるよりはやく

にしのAによる日々のつれづれ

作者は?
札幌に住む、アラサー主婦、にしのあゆみです。
家族は教員の夫、たっぺんと、まっくす(長男)
ちーちゃん(長女)の4人です。

このブログは
にしのあゆみによる。女子アイドル(眉村ちあき)
パソコン(プログラミング DTM)ゲーム(信長の野望・三国志)
将棋が大好き(アマ3段、山崎先生推し)な、ちょっと変わったオバハンがお送りする。
育児とつれづれなるブログです。

「にしのくえすと2」もよろしく!
こちらになります。http://www.nsnq.tech
※「みがまえる」は不定期更新です。「にしの」は隔日更新中です。ぜひ。


きゅん

ご無沙汰しています。

休業補償はありませんが、どうやらパートも復活しそうで
その準備に追われてみたり。

相変わらずではございますが、お子様たちのお世話であっ
たり。そうそう、下の子の初めての保育園とかね。

おかげさまで、元気に過ごしています。

Twitterで読んだのですが「元の生活に戻す」のではなく。

「生活を進化させるんだ」っていうのがあって、いいなあ
って思ったのです。

エアリズムマスクは買えてませんが、厚生労働省のアプリ
を入れてみたり。僅かかもしれませんが、気持ちだけ進化
しようかなあ・・・なんて思っています。

うちの子はおもちゃを買ってもらえないとき、
「コロナだから?」って聞いてきてキュンとしてしまいま
す。違います、こないだ買ったからですよ。

変わることは怖くない

コロナさんのおかげで、これまで当たり前じゃなか
ったことが普通になってる。

仕事は家でやってもいいとか。
オンラインで飲み会とか。
オンラインで授業とか。
毎日検温とか(婦人体温計もやったことないのに)

レジがシートで囲われ、レジうちの方が頭に防護す
る帽子かぶって作業しててメチャカッコいい。とか。
(うちの子が欲しがっています)

でも、これから。

映画館でポップコーン食べながら映画見るとか
ライブに行くとか
ファミレスで3時間くらい話し込むとか
満員電車に揺られるとか
カラオケ行くとか

想像できないものね。元のように復活するとはなか
なか思えないもの。映画はドライブインシアター
なるかしら?昔、新札幌であったよね。

ライブも透明のボックスで区切られる中でのライブ
かもしれん。モッシュとかないんじゃないかな。

ひょっとすると、学校で黒板を前にみんなで授業を
受けるとか。運動会とか学芸会とか。ないかもね。

おばあちゃんの頃は、桜の咲く季節に卒業式があっ
てね。(北海道はちゃうけど)「卒業ソングに桜が
多いのはそのためです」みたいな注釈がついたりし
て。3月9日とかどうなっちゃうの?日付変更?

仕事においては、頭硬い上司はなんとか元に戻そう
とか、昔のやり方にならんのかいな?っていうらし
いけど(夫の話)

恐れずに、変わっていくことをポジティブに捉えて
楽しんでいきたいものだなあ。あゆを。

家におれ

3月くらいの時は、まあ流行するインフルエンザ
だこと。船大変ね。くらいの感じで。

最初の北海道の緊急事態宣言も。身近に感染して
る人がいるわけではないし、なんだかなー。で。

(だからといって、外出しまくったわけではないお)

ここまで実感が湧かなかったけど、今は本当にヤ
バイ。すぐそこに「人が死ぬ」病気が迫っておる。

そして、何より怖いのはその実感がまだ全体に行
き渡っていないこと。ウイルスで「人が死ぬ」が
わからない人から、移されて死ぬかもしれんこと。

朝早くから、ドラッグストアに並ぶ高齢者。
休校なのに、公園で密接に遊びまくる子供たち。
スタバの前でコーヒー飲んで喋くってる大人たち。

ごめん、君たちは死んでも、私は死にたくないや。
そして君たちのせいで死にたくもないや。

でも、うちの子だけは守ってあげたい。夫は在宅
勤務できない仕事なので、心配だ。

不安や恐怖で押しつぶされそうだが。

暗い顔するだけで、コロナに負けたような気がす
るから。

家の中でめいっぱい子供
と遊んで、寝静まったら
FF7やろーっと。